有料素材の販売を始めました

アンティーク&レトロ画像素材

背景透過PNG画像の有料販売をBOOTH(個人でデータを販売できるサービス)で始めました。長辺2000~3000pxほどのサイズです。150円です。印刷や商用利用にぜひお使いください。
800px以下の同じ画像はいつもどおりサイトで無料公開しています。今まで通り使用している方はご安心ください。

以前から公開している画像素材ですが、残念ながらX-Largeはありません。加工元画像が小さいためです。今回はたまたま大きいサイズを見つけたのが、有料素材のきっかけでした。
今後は大きなサイズで需要がありそうな画像のみ、有料販売します。

補足になりますが、当サイトでアフィリエイト導入しているものの、サーバー代すらまったく賄えない状況です。要するに赤字。
趣味だからまあいいんですが、年々、広告代が下がってしまい、クリック単価もほとんどなくなりました。
それもあって、有料販売で少しでもレンタル代やドメイン代を捻出できたらいいなーというのが動機です。
(一応、説明しておかないと、金銭が絡むサイト運営を一方的に警戒されるケースがあるため)   
  

……ここだけの愚痴。

個人でデータ販売をしようといろいろ検索して探したら、大手のベイスかストアーズがいいなーと、思って登録。
しようと思ったら、いきなり巨大な壁にぶつかりました。

現在、個人でもインターネットで販売をするためには、「特定商取引法に基づく表記」をする必要があります。
で、それがなんと驚いたことに、販売代表者の住所、氏名、電話番号をネットに公開――個人情報をフルオープンにしないといけないとか。
業者だったら店舗や事務所があるからいいけど、個人は自宅や家電、自分の携帯番号を登録しないといけない……。

こ、こ、これは…………無理すぎ。
インターネットに個人情報をアップするのは危険だといわれているのはいったいなんなのか???と、強くツッコミたくなります。

一応、抜け道はあって、請求があり次第、情報開示をするということになっていますが、クレジットカード決済を導入するためには、個人情報フルオープンしないとダメ…………涙。

というわけで、いったん諦めかけたのですが、上記で紹介しているBOOTHさんは、個人で同人や創作をしているユーザを大事にしてくださっているようで、販売者登録をしていない場合は「特定商取引法に基づく表記」をしなくてよい方針でした。
なんでも月の売上が100万ない場合は、販売者とはいえないようです。(詳細はこちらにあります

いくら法律とはいえ個人情報ネットでフルオープンは危険。とくに女性は狙われやすいですし、ネットにはどんな人が来ているかわからないです。
  • -
  • -

<< テンプレート更新について 戻る 当ブログについて >>