HTML5テンプレート26

HTML5テンプレート24 25 Web素材:ライン44 背景透過08

素材屋 flower&clover:Web小説用テンプレート:HTML5 レスポンシブデザイン

24は画像なしタイプ。25はクラシカルタイプです。

25で使用した背景画像の模様違いと、同デザインのラインをWeb画像にアップしました。
背景画像は差替可能ですが、ラインはサイズが若干小さいので、差替用ではありません(とりあえず使えるけど、位置が微妙にずれると思います)。テンプレ用だと大きいので、サイト用に使いやすいサイズに調整しています。

HTML5 テンプレート23

素材屋 flower&clover:Web小説用テンプレート:HTML5 レスポンシブデザイン

今年もよろしくお願い致します。

№14をもとにした別デザインです。大きな違いは、トップ画像のなかにタイトルが入ります。

PD画像の更新ですが、新たな画像が見つからなかったら、今年はあまり更新ないと思います。もしくは、CC0画像で透過PNGクリップアートを作成かなあ、と。
ストックは少しあるんで、テンプレートを何個か更新したあと、アップする予定です。

アンティーク パブリックドメイン 画像素材 透過PDFクリップアート

HTML5 レスポンシブデザイン テンプレート 22

素材屋 flower&clover:Web小説用テンプレート:HTML5 レスポンシブデザイン

ページスクロールをしてもメニューが上部に固定されたデザインと、画像にメニューが表示されるデザインです。
シンプルかつ写真サイズを選ばないので、個人サイトはもちろん、カフェやサロン等の店舗用サイトにも使えると思います。

Firefox Quantum(57.0)でHTMLリンク(URL)作成のアドオンが使用できなくなった時

テンプレート等でサイト作成の確認はChromeブラウザですが、普段はFirefox使ってます。
今日、Firefoxブラウザが更新されたのはいいけど、拡張機能のアドオンがほとんど使えなくなっていたという……。
あまり使わないのはもう削除するも、どうしても必要なアドオンがHTMLリンクタグ作成。これがないと、ブログやサイト、ツイッターでリンクを貼る作業が面倒だからないと困る。(手作業だとリンクタグ辞書から呼び出し、テキストコピペ、つぎにURLコピペという三度手間)

以前使用していたアドオン、firelinkは仕方なくあきらめて、検索して見つけたのがFormatLink。
始めの設定が少しわかりにくいことをのぞけば、とっても使いやすい。
これはありがたいです。もしなかったら、ブラウザ変えようか、と思っていたぐらいですから。

まずFormat Link – Firefox 向けアドオンでFirefoxに追加。
そしてブラウザのメニュー⇒アドオン⇒Format Linkの詳細に入って、下までページをスクロール。
Resetdefaultのボタンを押し、Create submenusにチェックを入れて、Save Changeのボタンを押して完了。
メニューのアイコンが出ますから、右クリックすればHTMLリンクをコピペできます。

アンティーク パブリックドメイン 画像素材 透過PNG

アンティーク パブリックドメイン 画像素材 透過PNG薔薇他

アンティーク パブリックドメイン 画像素材:著作権フリー・再配布可・商用利用可の無料イラスト

70枚。
元画像が小さめだったので背景透過PNGのクリップアートにしました。
その他、観葉植物、果物と童話JPEG画像少しです。

URLを独自SSL化しました⇒後日、その導入結果

https://fc.ashrose.net/
レンタルサーバが独自SSL化に対応していたのを知り、
http://→https://に変更しました。

個人サイトならメリットはそれほど大きくはないんですが、導入するとブラウザが安全なサイトとして表示されるようになります。

ほとんどのリンクはサイト内リンクだったから、よかったものの、それでもcgiやphpへのリンクが、httpで始まっているのが結構あって、修正が手間でした。
一番大変だったのが、テンプレートのデザインリンク。そう、当サイトへのバックリンク。
テンプレート総てを書き換えるのは大変すぎるため、HTML5だけに留めておきました。旧いデザインは需要もないだろうし、問題ないでしょう。

十年以上のサイトだから、あちらこちら古いままなのは仕方ないとして、問題は古いアフィリエイトリンク……。
ブラウザにビックリマークが出てくるのが気になるなあ(^_^;)
優先順位低いため、これから少しずつ修正していく予定です。

独自SSL化に踏み切った一番の理由が、グーグルの検索ランキングが少しですが上がるためです。少しでも、訪問者が増えたらいいなあ、と思いながら、リンク修正しました。
WordPressブログはプラグインを使用したら、あっという間にできて感動……。
下記のサイト様の記事を参考にしました。ありがたや~(感謝)

ロリポップが無料の独自SSLを導入!WPのサイトを常時SSL化する手順 | あかえほ

一番、悩んだのが、画像表示されなかったこと。
Web素材全部…………。さすがにこれは焦った(^_^;)
何がいけないのか悩み続け、ようやく思い当たったのが、画像参照制限のために設置していたhtaccess。ああ、おまえだったのかっ!

URLそのものが変更するため、サイト移転同様にこちらも追記する必要があったためです。
httpからhttpsへは自動で表示されないので、これからチャレンジされるサイト管理者の方は気をつけてください。

残念なことにRSSを表示させるフィードが、https化したら表示されなくなりました。
httpなら問題なし。ググっても原因がわからず、重要度が低いのもあって削除することにしました。
更新情報を表示させるだけで、トップページの下部もあまり見られないだろうし、なくてもいいかなーと。


11/26追記。

さらに残念な件が発覚。
ランキングサイトに登録するも、逆リンクアクセスが反映されない……(T_T)
ほとんどのランキングサイト様はだいじょうぶなんですが、結構アクセスあったサイト様だっただけにがっかりです。そのうち修正されるのを待つしかないか……。
(個人的に管理人様へお知らせしようかと思うも、理由が不明なのもあってしばらく様子見します。現象がうちのサイトだけだったら、あちら様の手を煩わせてしまいますから。)

グーグルが新URLをようやくクロールしたのに、検索からのアクセスもほぼ変わらず。
個人サイトは独自SSL化しても、あまりメリットがないようです。
というわけで、もし検討されていたら、新サイトを開設しない限り、無理に独自SSL化はする必要ないと思います。あくまでも当サイトが導入した結果の話ですが。

アンティーク パブリックドメイン 画像素材 100枚 フランスの薔薇

アンティーク パブリックドメイン 画像素材:著作権フリー・再配布可・商用利用可の無料イラスト

花とファッション雑誌ヴォーグの表紙画像他。
すべてフランスのアーカイブサイトの画像です。