小説タイトル(作品名)

第一話 第一章 ○○シリーズ 作品の説明

白色灰色生成り紅色

※小説向けの縦書きデザインです。全角文字(日本語)は縦表示。半角英数字は横表示。加工しやすいシンプル系。
横スクロールのため、小説以外のページには不向きです。古いブラウザでは縦書きが反映されない可能性があります。


サンプルです。消去してご利用ください。
サンプル文章は、著作権消失作品集の青空文庫のものを使用。

 ある晩、お父さまから、
『今度、お母さまがいらっしゃることになったよ。』
 と、聞かされた時、シンデレラはお父さまがびっくりなさったほど大きな声で、
『まあ、うれしい!』
 と、いって、いきなりお父さまに飛びついて、頬ずりをしながら、
『お父さま、ありがとう、ありがとう!』
 と何度も何度もお礼をいいました。
 ほんとに、長い間、シンデレラはお父さまと二人で暮して来て、お母さまの愛に飢えきっていました。お母さまのいない家庭は、炉に火が消えているのと同じようなもので、なんとなくもの足らないものですが、いよいよこれで望がかないました。シンデレラは、うれしくてうれしくて堪りません。それで、お父さまに向かって、いろいろと今度来るお母さまについて尋ねるのでしたが、お父さまはにこにこ笑って、
『お前をかわいがってくれるというので、貰う気になったのだよ。だから、どんなお母さまかたいていわかるだろう。おまけにね、いい姉さんを二人連れて来るよ。』
 シンデレラは、いよいようれしくなりました。お父さまのお言葉で、どんないいお母さまか、たいてい想像がつきました。それに、二人のお姉さんができるというのです。こんなうれしいことはありません。春の潮のように、新しい幸福が、胸に押し寄せて来るのでありました。
 シンデレラは、小さい時に別れたお母さまのことを、ほとんど忘れていましたが、それでもお母さまの味わいというものを、おぼろげながらも、覚えておりました。膝のうえにのせられて、お船のように揺られたことや、やさしい子守唄をうたって貰ったことなどが、ひっそりと、まるで夕暮の影のように、胸に残っていました。シンデレラは、そのお母さまの思出を、今度の新しいお母さまに結びつけるのでした。そして、胸をわくわくさせながら、お母さまの来る日を待っておりました。
 やがて、シンデレラの家に、お母さまが来ました。ところが、いっしょに住んでみると、そのお母さまは、考えていたのとは非常にちがっていました。年もとっていましたし、顔だってきれいではありませんでした。けれど、そんなことは、どうでもよかったのですが、なによりも失望したのは、やさしみがないことでした。また、二人の新しい姉も、お母さまとよく似た意地悪の娘でありました。
 お母さまと二人の姉とは、お父さまの前では、シンデレラに冷たいそぶりも見せませんでしたが、お父さまがいないと、がらりと変っていろいろと辛くあたるのでした。
 それは、シンデレラが、きれいであったためです。きれいなのを妬まれたのです。けれど気だてのすなおなシンデレラは、そんなことは露知らず、冷たくされるのは自分が至らぬせいだと、あきらめておりました。
『みんな、あたしがわるいからだわ。』
 シンデレラは、そう考えて、ちっともいやな顔も見せないで、お母さまと二人の姉さんたちに、精一杯仕えようとしました。けれど意地悪の三人には、そのシンデレラの優しさ、すなおな気だてが、かえって憎らしく思われるのでした。
『ほんとに小憎らしい子だよ。』
 お母さまは、シンデレラを目の敵のようにして、わざとたくさんの用事をいいつけて、朝から晩までこき使いました。
 お掃除、皿洗、水汲――シンデレラは、独楽鼠のように、くるくる身体を動かして、立ち働かなくてはなりませんでした。
 そして用事がやっと済むと、いつも部屋の隅の炉端へ行って燃えがらと灰にまみれて休むのでしたが、その短い休息がシンデレラにはなによりの楽しい時間でありました。そのかわり、姉娘から、とうとう『燃えがら姫』というあだ名を、つけられてしまいました。

※全角英数字⇒ABC 123
※半角英数字⇒ABC 123

※画像表示サンプル


↓サンプルタグ↓

h1 見出し1

h2 見出し2

h3 見出し3

h4 見出し4

h5 見出し5
h6 見出し6
b 太字 i 斜体 em 強調 strong 重要 s 取消 u 追加 small 文字を小さく a href テキストリンク
blockquote 引用文 blockquote 引用文 blockquote 引用文
  • li リスト1
  • li リスト2
  • li リスト3
    1. ol class="list2"
      番号付きリスト1
    2. 番号付きリスト2
    3. 番号付きリスト3

    hr タグは使用不可

    p class="p1" サンプルテキスト。段落・文章をまとめたいときに。枠無し。

    p class="p2" サンプルテキスト。段落・文章をまとめたいときに。二重線枠。

    p class="p3" サンプルテキスト。段落・文章をまとめたいときに。点線枠。

    首頁(ホーム) 目次 ←前頁 次頁→